ULTRA FINE BUBBLE SHOWER SYSTEM

サービス紹介

  • マンション管理事業
  • 清掃管理事業
  • 建設事業
  • ケミカル販売事業
  • PFI事業
  • 設備管理事業
  • 浄化槽保守管理事業
  • 不動産事業
  • アウトソーシング事業・事業用賃貸事業
  • サイエンス事業

HOME > サービス紹介 > サイエンス事業 >ウルトラファインバブルシャワーシステム

気持ちまでほぐしてくれるウルトラファインバブルシャワーシステム

空気と水が出会って、生まれたばかりの小さな気泡が、やさしく語りかけてくれるような新しい感覚。シャワーを浴びるだけで、気持ちまでほぐれて満ち足りた気分に浸れます。ボディから、顔、頭皮、髪まで、全身を清潔にするウルトラファインバブルシャワーで美しさへのアプローチはパーフェクト。超微細な空気を含んだ水は洗浄効果も節水効果も抜群という、美容にも、お財布にもうれしい特長があるんですよ。

  • ナノシャワーは「ウルトラファインバブルシャワー」に名称が変わりました。2017年7月以降、順次変更・更新されていきます。

ウルトラファインバブルシャワーって?

ウルトラファインバブルシャワーとは、特許を取得した特殊構造によって、超微細な空気を含んだ水を作り出すシャワーシステムのこと。シャワーの元栓に取り付けられた空気混合型節水アダプター「ミックスセーバー*1」と、シャワーヘッド部の「ナノシャワー*2」アダプターで、ナノレベルの気泡を含んだ洗浄力の高い超微細空気混合水を作り出します。ウルトラファインバブルシャワーシステムのうれしい特徴は、高い洗浄効果と節水効果。使うほどに快適さを実感していただけます。この特殊構造は《*1 特許第3950929号/*2 特許第4999996号》を取得しています。

弾む、潤う、輝き出す

ウルトラファインバブルシャワーシステムのしくみ

ミックスセーバー+ナノシャワーで高い効果を実現

驚きの0.13μm

サイエンス ウルトラファインバブルシャワーシステムの仕組みは、シャワー元栓部に、空気混合型節水アダプター「ミックスセーバー」を取り付け、シャワーヘッド部には、超微細空気混合水を作り出す「ナノシャワー」アダプターを取り付けたもの。W特許の先進技術で、電力や薬剤などを必要とせず、高い洗浄効果と節水効果を実現しています。

0.13mm/1000 UltraFineBubbleは約0.13μm(千分の0.13mm) 肉眼では見えないサイズです

ウルトラファインバブルシャワーシステムのしくみ〉

何も足さないただ、シャワーを変えただけ

注目の洗浄効果

「化粧品、変えた?」って友だちに聞かれたけれど、変えたのはシャワーだけ。ウルトラファインバブルシャワーからほとばしる、空気を含んだ小さな水滴の一粒一粒が、美しさへのエッセンス。シャワーを使うたび、肌に至福が舞い降ります。

ナノシャワー

ウルトラファインバブル水流の様子

0.13mm/1000 UltraFineBubbleは約0.13μm(千分の0.13mm) 肉眼では見えないサイズです

洗浄剤を使わなくても汚れが落ちる!

超微細な気泡が隅々まで汚れを洗い流してくれます

W特許の先進技術

ウルトラファインバブルシャワーの特長は、なんといっても洗浄力。クレンジング不要のファンデーションを使った洗浄実験でも、毛穴の細かいところまでウルトラファインバブル(マイクロナノバブル)が入り込み、汚れを吸着してキレイに落としていることがわかります。洗浄剤を使わなくても、空気を含んだ超微細な気泡が毛根の汚れなどの細かい汚れもすっきりと洗い流します。お肌の弱い赤ちゃん、皮脂や汚れが気になる方など、どなたにも安心してお使いいただけます。

ウルトラファインバブルが、毛穴やシワの奥に入れ、汚れを吸着してキレイにします。

潤いもポカポカも持続、節水効果もプラス

保湿効果が持続

シャワー直後の潤いを持続


従来のものとウルトラファインバブルシャワーを使用した時の肌水分量を測定。ウルトラファインバブルシャワーを使用すると、肌の水分量は約8%もアップしました。お湯が無理なく肌の深部まで浸透し、肌も髪もシャワー直後の潤いを長く保てることがわかります。《グラフ1》

肌水分量

節水効果も魅力です

節水効果で、お財布にもやさしい


特殊な”空気混合方式”を採用することで、同じ水圧でも水の使用量を大幅に節約。特殊な構造により、「水の勢い」も変わりません。

節水料金シミュレーション

東京23区・多摩ニュータウンを想定したシャワー節水による料金シミュレーション:一世帯4人家族(給水管呼び径13mm、1ヶ月当たりの使用量26.3m3)。ウルトラファインバブルシャワー(ナノシャワー)を導入してシャワー節水すると、節水率は約30%になりました。※2010年(株)サイエンス調べ ※水圧によっては節水率が変わる場合があります。

温浴効果が持続

入浴後もポカポカが続く


従来のものとウルトラファインバブルシャワーで貯めたお湯に左右の手を3分間浸した後、肌の温度を測定。ウルトラファインバブルシャワーは、浸漬直後から肌の表面温度が上昇し、そのまま温かさが持続し、入浴後の肌表面の温度が約27%アップしました。《グラフ2》

肌表面温度グラフ・肌表面温度差グラフ

また、従来のものとウルトラファインバブルシャワーのお湯を左右の手にかけて、温まり具合を比較。使用直後の肌表面の温度差ではウルトラファインバブルシャワーが従来の約6倍という結果となり、シャワーだけでも温まって湯冷めしにくいことがわかりました。《グラフ3》

使用前後

Copyright (C) Japan Group All Rights Reserved.

PageTop